コスパログ!

コスパ重視!人生をラクに充実させるモノ・コト・知恵のサイトです。

一人暮らしで初めてネコを飼う時に準備すること・気をつけること

2017/12/18

一人暮らしだけれどもネコを飼ってみたい!でも何を準備すれば良いのかな?と思うことは無いでしょうか。

今回は、2年前からネコを飼いだした経験から”一人暮らしで初めてネコを飼う時に準備すること・気をつけること”について解説します。

 

一人暮らしで初めてネコを買う時に準備すること・やるべきこと

ネコの餌・水・トイレ・休める場所など、最低限必要なものの確保は当たり前ですが、近くに動物病院があるかどうかを必ず確認してください。

飼い猫の平均寿命は10年以上です。長生きすると、15歳になるネコもいます。病気・怪我など、いつでも受診できるように場所・連絡先などを控えておくと良いでしょう。

 

小さくて危ないもの、長い紐などはすべて箱や引き出しにしまってください。ネコは意外に器用です。何でもうまくつかんでしまいます。誤飲事故を防ぐため、怪我を防ぐためにも、ネコちゃんをお迎えする前にしまっておいてください。

 

心構え・覚悟しておかないといけないこと

長期の旅行には行けなくなります。どうしても餌や水、トイレの問題が出てきます。夏場は熱中症の危険もあり、エアコンをつけたままの外出となります。留守中に何があるかわかりません。

 

ネコちゃんのお世話を頼める人がいない時に、長期の外出する時はペットシッターに頼むと良いかもしれません。

我が家でも一度お世話になりましたが、留守番ネコの様子を写真で送っていただき、細かくトイレや餌の減り方などの連絡を入れてもらい、助かりました。

ペットシッターについてはネットで検索すると色々ヒットしますので、おすすめです。事前に自宅に来てくれて、ネコの普段の様子などを話しておきます。

自宅の鍵を預けることになりますから、きちんと資格、許可を持っているかの確認もしてください。

 

準備しておいたほうが良いグッズ

キャリーバッグ

病院に連れて行く時に必ず必要になります。

普段から慣れさせているとおとなしく入ってくれます。

部屋の片隅に置いておいて、ベッド代わりにしても良いでしょう。

キャリーバッグに入るのを嫌がり、逃げられると病院に行く前に飼い主さんもネコちゃんも疲れてストレスになってしまいます。

 

2階建て位の高さのあるケージ

我が家では2階部分に餌と水、1階部分にトイレを置いています。

場所が決まっていれば、ネコは自分で食べたり、トイレを済ませます。

高い所に上るのが好きなので、高い所を家の何ヶ所かに作ってあげれば、運動にもなります。

 

遊び道具

飼い主さんが留守のときはほとんど寝て過ごしているようです。

帰宅後はコミュニケーション、運動不足解消のために、たくさん遊んであげてください。

飼い主さんも癒されます。一日の仕事の疲れもなくなってしまうかもしれません。

ペットショップだけでなく、今は大型のホームセンターにも色々なおもちゃが売っています。見ているだけで自分が欲しくなってしまう事もあります。


必死になってネコじゃらしを追いかける姿、かわいいですよ!ネコが遊んでいるのか、自分が遊んでいるのか…お互い夢中になります。

 

シャンプー

月に1回位は、シャンプーで汚れを落としてあげてください。すっきりするようで、喜びます。ノミなどの予防にもなります。

 

ブラシ・歯ブラシ・爪きり

こまめにきれいにしてあげてください。ブラシは毎日かかせません。

すぐに爪が伸びてしまいます。危ないのでこまめに切ってあげてください。飼い主さんも引っかかれて怪我をすることもあります。

 

保険や賃貸など、気をつけるべきポイント

ペット保険には加入しておいたほうが良いと思います。ペットは保険がききません。すべて実費診察となり、1回の診察で一万円以上かかることがほとんどです。

高齢になればなるほど、病院へかかる回数も増え、負担になってしまいます。今は色々な保険がありますから、ネコちゃんが小さいときから加入、継続しておけば安心だと思います。

 

賃貸では、においや泣き声はあまり気になりませんが、避妊・去勢手術はしておきましょう。発情期は泣き声がうるさくなったり、くさいおしっこをすることもあるようです。においが残ること、それよりもネコちゃんのため、家族計画を含めて考えてあげるべきことでしょう。

そして何よりも、ペットOKかどうかが一番です。玄関のドアを開けた時に脱走することや、アレルギーの方もいますから、ご近所に一声かけたほうが良いでしょう。

 

また、家のあちこちで爪とぎをします。何ヶ所かに爪とぎを置いてあげてください。ソファーやカーテンはボロボロになります。

賃貸で気になるポイントは、壁紙やふすまの爪でしょうか。さすがに壁だけは死守したいですね。

 

その他アドバイス

一人暮らしでネコちゃんを迎えると、全部のことを一人でお世話してあげないといけません。あれもこれも、と気負いすぎるとネコちゃんは敏感なのか、察知して逃げてしまいます。

爪切りは今日は右の前足ができたから、明日は左足を切ってあげようか。。。位でも良いかもしれません。お世話が飼い主さんにも、ネコちゃんにもストレスにならないように。

 

それよりも、たくさん遊んで仲良しになってほしいです。ペットではなく、家族として、一緒に楽しく過ごしていければきっと毎日が楽しいと思います。


-ペット

ブログの人気記事

1
セブン-イレブンの自動開閉折りたたみ傘はやめとこう!直径が94cmで小さい!

この間、にわか雨に合ったのですが、そんな時に限って傘を忘れてしまい、セブン-イレ ...

2
【評判】セブンプレミアム(ヨーカドー)の「超形態安定ワイシャツ」を試してみた。良いよコレ!

  最近、ワイシャツにアイロンをかけるのが面倒で仕方がない、ダメサラリ ...

3
軽量、大型、バランス型…目的別に折りたたみ傘をご紹介します!

昔はコンビニでビニール傘を買っていたのですが、とにかく電車でよく無くすので、最近 ...

4
手首が細い男性がつけるべき腕時計とは?腕が細くても似合う腕時計を解説します!

ビジネスマンに必須な腕時計ですが、手首が細い男性の場合、似合う腕時計を探すのが大 ...

5
【評判】ヨーカドー超形態安定シャツの「すっきりシルエット」を買ってみたよ!レビューします!

以前に【評判】セブンプレミアム(ヨーカドー)の「超形態安定ワイシャツ」を試してみ ...