コスパログ!

コスパ重視!人生をラクに充実させるモノ・コト・知恵のサイトです。

賃貸暮らしの防犯対策(一人暮らしの賃貸アパート編)をご紹介

2017/12/19

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

アパートで一人暮らしをしていると、防犯が心配になる時ありますよね。

私も先日住んでいるアパートで泥棒事件があり、少し心配になって防犯対策を考え始めました。

 

防犯の基本は窓と玄関

防犯対策といっても、住んでいるアパートをそう簡単に変えることはできません。

そのため、まずは泥棒に入られるリスクのある窓と玄関をブロックしましょう。

 

窓ブロックは、サッシの補助錠から

窓ガラスを割って、鍵を解錠されないようにサッシに補助錠をつけましょう。

開けるのがかなり手間にはなりますが、相当に侵入の手間がかかるので抑止力として協力です。

特に旅行に出かけるときなど、長期間、家を空ける際には必ずかけておきたいですね。

 

後は、窓際のアラーム設置も有効

あとは窓際に設置しておく薄型アラームもあると安心ですね。

 

玄関対策をしたいけど・・・賃貸アパートの場合はどうすれば良い?

玄関対策といえば、開けづらい鍵にするのが定番です。

ただし、賃貸アパートの場合、鍵を勝手に交換することは難しいですよね。ヘタしたら鍵交換代として2万円くらい取られてしまいます。

そこで私が選んだのが、玄関鍵に差し込むタイプの補助鍵。


元の鍵穴に差し込んで使う補助鍵なので、解錠する手間は増えますが安心感はあります。

Amazonレビューが低いのが少し気になったのですが、私は問題なく使えています。

アパートの鍵はMIWAの安いタイプで、簡単にコピーできてしまうのが不安でした。しかし、補助鍵をつけることで「対策してますよ」というのがパット見でわかるのでかなり安心できるようになります。

注意点としては、鍵穴のタイプによって合うもの/合わないものがあること!もしAmazonのページを見てもわからない場合、ホームセンターなどで聞いてみることをオススメします。

 

サムターン防止グッズも忘れずに

サムターン回しという、「玄関ポストから針金を差し込んで玄関ロックを解錠する」という手法があります。

こちらは玄関ロックをどんなに強固にしても、玄関ポストから突破してくるので防ぎようがありません。

そこで、鍵の室内側にカバーをかける「サムターン回し防止グッズ」が有効です。

なんのことはない、室内側の鍵にカバーをつけるだけなのですが、針金で扉を回すのは不可能になります。

 

まとめ

窓の二重ブロック+アラーム、そして、玄関の補助鍵+サムターン回し防止。

ここまでブロックすると泥棒からすると「そうとう面倒な部屋」になります。

今のところ泥棒にはいられていないので(笑)有効な手段だとおもいますよ。

 

以上、「賃貸暮らしの防犯対策(一人暮らしの賃貸アパート編)をご紹介」でした。


-モノ

ブログの人気記事

1
セブン-イレブンの自動開閉折りたたみ傘はやめとこう!直径が94cmで小さい!

この間、にわか雨に合ったのですが、そんな時に限って傘を忘れてしまい、セブン-イレ ...

2
【評判】セブンプレミアム(ヨーカドー)の「超形態安定ワイシャツ」を試してみた。良いよコレ!

  最近、ワイシャツにアイロンをかけるのが面倒で仕方がない、ダメサラリ ...

3
軽量、大型、バランス型…目的別に折りたたみ傘をご紹介します!

昔はコンビニでビニール傘を買っていたのですが、とにかく電車でよく無くすので、最近 ...

4
手首が細い男性がつけるべき腕時計とは?腕が細くても似合う腕時計を解説します!

ビジネスマンに必須な腕時計ですが、手首が細い男性の場合、似合う腕時計を探すのが大 ...

5
【評判】ヨーカドー超形態安定シャツの「すっきりシルエット」を買ってみたよ!レビューします!

以前に【評判】セブンプレミアム(ヨーカドー)の「超形態安定ワイシャツ」を試してみ ...